パックのフェイシャルエステ


フェイシャルエステで用いられるパック。いろんなものがパックに使われています。いくつかの美容パックをご紹介しましょう。まずは石膏パック。柔らかい石膏を肌に塗ります。水を加えることで、石膏は発熱します。肌の上で石膏が徐々に固まっていきながら、40度近く温度が上がるので、新陳代謝が上がるのです。そうすることで老廃物は流れますし、石膏には老廃物を吸収して、ミネラルを放出する効果もあります。石膏パックは即効性が高いので、肌の引き締まりなどがすぐに実感できるでしょう。密着効果で肌に潤いを閉じ込め、小じわの改善にも効果があります。また顔だけでなく、バストやヒップにも使われます。

次に金箔フェイシャル。純度の高い金箔を顔に塗ってパックをします。成分の浸透率を上げるために、クレンジングできれいにした状態で、揉み解して血行の流れをよくして金箔を塗ります。金の成分で微力な電流があるので、それが細胞を活性化させ新陳代謝を上げていきます。老廃物を流し、美白効果もあります。体内に金が入ることで、金の周りにコラーゲンが作られ、肌には弾力が出てきます。また弾力成分が外に出て行くのを防ぐため、たるみ・しわも予防できます。こういったことからエイジングケア効果もあるため、エジプトでも行われていたと言われています。